エロいこと大好きなお姉さんが教えるオナニーの話

ひとりエッチのすすめ

女性オナニー

クリトリスの臭くならない洗い方。彼に好かれる女性器を目指す!

更新日:

 

自分の「アソコ」の臭い、気にしたことはありますか?

誰にもいえないけれど、下着を脱いだときなどに独特の異臭を感じたことがある女性は多いはず。心配しなくても、臭いのは自分だけではありません。

しかし臭いに悩む女性が多いからといって、自分のアソコが臭いままは嫌ですよね。

セックスするときに、彼に臭いと思われてしまうのも嫌ですよね。

アソコの臭いの原因、もしかしたらクリトリスにたまった汚れかもしれませんよ。

今回はデリケートゾーンの臭い対策についてお話していきます!

 

クリトリスや小陰唇の「カス(恥垢)」が臭い原因になりやすい!

 

ちゃんと毎日お風呂に入っているし、デリケートゾーンだって洗っている、それなのに臭いがあるのは何故だろうと思っている人はいませんか?

実は洗っているつもりで、ちゃんと洗えていないのかもしれません。

おりものや皮脂が混じり合った、白いカスのような汚れを恥垢と呼びます。

チーズの発酵臭がするといわれています。これが嫌な臭いの原因。

下着の中で蒸れやすく、思っているよりも汚れやすい女性のアソコ。

とくに小陰唇やクリトリスは汚れが溜まりやすい場所なんです。

ひだの重なる小陰唇の溝や、クリトリスの包皮の内側は、さっと洗うだけではきちんと洗えていなくて、恥垢が溜まっている可能性があります。

臭いだけでなく、炎症や病気を引き起こす可能性もあるのできちんと洗ってあげることが大切。

上手に洗って臭くない女性器を目指しましょう。

 

クリトリスや小陰唇など女性器の臭くならない洗い方

 

それでは、女性器が臭くならない正しい洗い方を紹介していきます。

シャワーを使い前から後ろに洗い流す

まずはシャワーで流せる汚れを落としてあげましょう。シャワーをあてるときは、前から後に洗い流すようにします。

後ろからあてると、肛門の汚れが膣のほうに流れてしまうこともあります。

お湯はぬるめの温度にしておきます。熱すぎると皮膚の乾燥に繋がるからです。

デリケートゾーン専用の石鹸、ソープを使う

女性器を洗うとき、身体用の石鹸やボディソープでそのままという人も多いと思います。

しかし、女性器を洗うときにはデリケートゾーン専用の石鹸・ソープをお勧めします。

それは膣には本来備わっている自浄作用があるからです。

雑菌が入ってこないように、膣内は常に酸性から弱酸性に保たれるようになっています。

しかし一般的な石鹸というのは、強い洗浄力を持つアルカリ性。洗浄力の強過ぎる石鹸で膣周りを洗うと、洗い過ぎになってしまうんです。

酸性に保つ自浄作用が低下して、雑菌が入りやすくなってしまいます。

雑菌が入ると感染症を起こしたり、よけいに臭いがきつくなってしまったりしまいます!

デリケートゾーン専用のものは、自浄作用を低下させないように、弱酸性に作られています。

また敏感な女性器のことを考えて、肌に優しい成分で作られていることが多いです。

デリケートゾーン専用の石鹸を使い、しっかりと泡立てて優しく丁寧に洗ってあげましょう!

直接肌に付けて泡立てるのではなく、洗顔のときと同じように最初にしっかりと泡立てあげるのが大切です。

しっかりすすぎ、乾かすこと

石鹸の成分が残ることで、炎症が起きることもあります。洗ったあとは石鹸が皮膚に残らないように、しっかりとすすいで洗い流しましょう。

しっかりすすぐといっても強くシャワーをあてると刺激が強過ぎるので注意しましょう。

せっかくきれいに洗ったとしても、濡れたまま下着を履いてしまうと蒸れる原因になります。

また、濡れたまま放っておくと水分が蒸発するときに、肌の水分も奪われて乾燥してしまいます。

洗ったあとは、タオルで優しく水分をふき取り乾かしましょう。

乾燥が気になる場合や、より臭い対策をしたい場合には、保湿効果のある消臭クリームを塗るのもお勧めです。

クリトリスや小陰唇のカスをとる洗い方

クリトリスは包皮をかぶった状態で、包皮とクリトリスの間に恥垢が溜まりやすいです。

洗うときは、まずは皮の上から指の腹で優しく洗います。敏感な場所なので、あくまでも優しく擦ってあげましょう。

洗っていると刺激でクリトリスが勃起状態になると思うので、そうしたら包皮を下げて、クリトリスと包皮の間も優しく洗います。

無理やり皮を剥くと、痛みを感じることがあるので注意してください。

小陰唇や大陰唇を洗うときは、まず片方の手で重なり合うヒダを開くようにし、もう片方の手で優しくあらいます。

このとき膣内部、粘膜の部分は洗わないでくださいね。

優しく擦って恥垢を落としたら、最後にシャワーで洗い流しましょう。

ゴシゴシ洗い、洗いすぎはだめ!

恥垢をしっかり洗い流すために、ゴシゴシと擦ったり、何度も洗ったりしたくなるところですが、強く擦ったり爪を立てて洗ったり、洗い過ぎることは良くありません。それは逆効果になってしまいます!

デリケートな膣の周り、ゴシゴシと擦っては刺激が強過ぎます。

顔を洗うとき、ボディソープを使ってスポンジやタオルでゴシゴシ擦ることはしないですよね?

女性器を洗うときも同じことなんです。皮膚を傷つけてしまったり、摩擦によって黒ずんでしまったりする可能性があります。

また、洗い過ぎは肌の乾燥に繋がります。乾燥した肌は外からの刺激に弱く、アソコでは雑菌が増殖しやすくなってしまいます。

しっかり洗っているのに臭いが取れなかったり、痒みやかぶれが起きやすいという場合は、洗い過ぎていないか見直してみてください!

そして一番のNGは膣内部まで石鹸で洗ってしまうこと。

いくらデリケートゾーン専用の石鹸を使っているとはいっても、膣内部まで洗う必要はありません。膣本来の自浄作用を奪うことになるので、逆効果ですよ。

 

彼に好かれる臭わない女性器を目指す便利アイテム

 

それではアソコの臭いを解消するために、お勧めのアイテムを紹介します。

デリケートゾーン専用石鹸:ジャムウ・ハーバルソープ

 

アソコの臭いや黒ずみの解消にお勧めの、デリケートゾーン専用石鹸です。

ジャムウとはインドネシアで古くから伝わるもので、多種多様なハーブなどを使用したもの。

ジャムウ石鹸とは、殺菌効果や消臭効果など臭いを抑える働きを持つ植物や、肌に優しい植物成分を組み合わせたものです。

ラブコスメのジャムウ・ハーバルソープは、インドネシアの伝統を守りながら日本人の肌に合うように作られています!

販売から14年、シリーズ累計305万個の実績を持つ人気商品です!

価格は1,933円(税抜)。石鹸と泡立てネット、お試しコスメがセットになっています。

膣内洗浄:インクリア

 

生理前後というのは、おりものや経血でとくに臭いが気になりますよね。

臭い対策に膣内からキレイにしたいと思う女性も少なくないでしょう。しかし膣内を通常の石鹸で洗うのはNG。

そこでお勧めなのが、膣内洗浄が可能なインクリアです!

インクリアは婦人科医と共同開発された、膣内ケアジェル。インクリアは乳酸配合の弱酸性ジェルなので、膣内の自浄作用を弱めることはありません。

成分に洗剤は含まれず、口に含んでも問題の無い成分で作られているので安心です。

膣内を「洗う」というより、膣内の環境を整える作用があります。

膣内がきちんと酸性に保たれることで雑菌が増えにくく、臭いも防げるというわけです!

お試し3本セットが税込み980円、送料無料で購入出来ます!

デリケートゾーンの消臭対策:インナーブラン

 

きちんと洗っても、1日の生活のなかでアソコの汚れは溜まっていきます。

また恥垢などの汚れ以外に、お肌の常在菌の働きでも臭いが出てしまいます。

洗うだけでは防げない、夜になると臭くなってしまう、そんな悩み解消にお勧めなのがインナーブランです。

デリケートゾーンにシュッとひと吹きするだけで、消臭効果が24時間続いてくれる薬用ミスとです!

低刺激の消臭殺菌成分IPMPや、6種類のジャムウ成分が配合されています。

単品注文は9,800円(税抜)、定期購入なら4,900円(税抜)。値段の割に効果が無かったらどうしようと不安に感じるかもしれませんが、定期購入には90日間の全額返金保証が付いているので安心です!

デリケートゾーンの黒ずみ対策:イビサクリーム

 

臭いと同じくらい気になるのが、デリケートゾーンの黒ずみではないでしょうか?デリケートゾーンの黒ずみ対策にお勧めなのがイビサクリームです。

イビサクリームは美白効果で知られるトラネキサム酸、肌荒れに効果のあるグリチルリチン酸2Kが配合されています。

それ以外にも3種類の美白サポート成分と、3種類の糖化ケア成分が配合されている贅沢なクリームです。もちろん保湿成分も配合されています。

香料や着色料、鉱物油、アルコール、パラベンといった添加物は排除し、デリケートな部位にも使いやすい低刺激になっています。もちろん、全身に使用可能です!

価格は7,000円(税抜)。定期購入なら4,970円(税抜)となっています。

クレジットカード払いならさらにお得な4,470円(税抜)。28日間の返金保証も付いているので、万が一肌に合わなかった場合も安心です。

 

ビデを上手に使い女性器の清潔さを保とう

 

普段トイレに入ったとき、ウォシュレットは使っていますか?大抵のウォシュレットには「ビデ」が付いています。

イラストを見て分かる方もいると思いますが、ビデは女性器を洗うための機能です。

とくに生理中に使われることが多い機能ですね。トイレットペーパーで拭いても、皮膚やアンダーヘアには経血やオリモノが残ってしまいますよね?それが臭いの元となってしまいます。

ビデを使って汚れを洗い流すことで、女性器を清潔に保ち臭いの予防に繋がります。

ただし、ビデの使い方には注意があります!それは使い過ぎてはいけないこと。

キレイに洗おうと長時間あてること。強過ぎる勢いであてること。

すでに説明しているように、膣には自浄作用があります。必要以上に洗う必要はありません!

生理でもないときに、1日に何度も使うのは避けたほうが良いでしょう。

また勢いが良すぎたり、直接膣にあたる位置だと、水が膣内に入ってしまうことも。

そうすると便座の中の雑菌が一緒に入ってしまい、炎症などの原因になることもあります。適切な位置と水の勢いで使用してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

彼氏があまりクンニをしてくれない、セックスのときに微妙なリアクションをしていたなんていうときは、もしかしたらアソコが臭っていたのかもしれません。

自分で思っているよりも臭いがキツイというのも良くある話。

臭いが原因で彼に嫌われないために、汚れの溜まりやすいクリトリスや小陰唇などをきちんと洗い、デリケートゾーンの臭い対策を行ってみませんか?

 

↓クリックお願い♪オナが捗るわ♡

 

-女性オナニー
-

Copyright© ひとりエッチのすすめ , 2018 All Rights Reserved.