エロいこと大好きなお姉さんが教えるオナニーの話

ひとりエッチのすすめ

女性オナニー

オナニーが膀胱炎の原因に?オナるときの注意点!

投稿日:

 

トイレに行ったのにまたすぐ行きたくなる、排尿時に痛みがあるなど辛い症状がある膀胱炎。

女性は男性よりも膀胱炎になりやすいので、その症状を経験したことがある人も少なくないと思います。

膀胱炎にならないように気を付けているつもりなにに、なぜか頻繁してしまうという人はいませんか?

その原因は、もしかしたらオナニーかもしれません。

何故オナニーが原因で膀胱炎になってしまうのでしょうか?その原因や注意点についてご紹介します。

 

オナニーが膀胱炎の原因になる理由

 

膀胱炎とは?

そもそも膀胱炎とはどのような病気でしょうか?一般的によくいわれる膀胱炎は「急性膀胱炎」を指しています。

その原因の多くは、大腸菌の感染です。大腸菌のほかにも、クラミジアへの感染が原因となることも多いです。

これらの雑菌が膣内に入り込むとそこで増えて尿道口から入り込んだり、直接尿道口に付着した菌が尿道へ入り込んだりします。

そして膀胱に到達し炎症を起こして様々な症状を引き起こすのです。

トイレを我慢することも膀胱炎になる原因の一つです。膀胱内で雑菌が繁殖しやすい状態になりますからね。

オナニーのやり過ぎが膀胱炎の原因に?

オナニーをすることで、膣や尿道に雑菌が入る可能性があります。一見きれいに見える手も、思っている以上に雑菌が付いているものです。

オナニーをすると必ず菌に感染するわけではありませんが、回数が多ければその可能性が高まると考えられます。

またオナニーをしたあと、さっと拭くだけという人も少なくないでしょう。

ムラムラしたから外出先のトイレで……なんていう人もいるかもしれません。

その場合、自分の愛液が付いた状態で下着を身に付けることになりますよね?これも雑菌の繁殖を招く行為です。

頻繁にこういったオナニーを繰り返せば、菌に感染するリスクが高まり、膀胱炎にもなりやすくなるでしょう。

女性は雑菌に感染しやすい

女性は尿道の長さが3~4cmほどしかありません。これは男性に比べると短く、膀胱へ雑菌が入り込みやすいからです。

男性の場合は14~18cmくらいあるんですよ。

さらに女性の場合は尿道口と膣、肛門が近い場所にあります。

そのため膣で増えた雑菌が尿道に入りやすいですし、トイレのときの拭き方によっても大腸菌などが尿道口に付着しやすいです。排便後に拭き取るときは、前から後ろに服用にすると良いですよ。

無理な刺激で膀胱炎や尿道炎に

オナニーで無理な刺激を与えることも、膀胱炎や尿道炎の原因になると考えられています。

無理に刺激することで雑菌が膣や尿道に入るリスクを高めてしまいます。それに強引な刺激を与えるなオナニーを行うことで、膣を傷つけてしまうと雑菌に感染するリスクが高くなります。

さらに潮吹きも膀胱炎のリスクを上げると考えられています。

潮=おしっこではないですが、尿道を通って排出されるから雑菌を流し出し膀胱炎を予防するという考え方もあります。

しかし潮吹きすると、尿道や膀胱に負担がかかってしまいます。潮吹きしようと長時間執拗に責めれば雑菌が入る可能性も高くなります。

その結果として、膀胱炎になりやすくなると考えられるのです。潮吹きするために無理な刺激を与えるオナニーは止めておいたほうが良いでしょう。

 

こんな症状を感じたら膀胱炎…

 

膀胱炎代表的な症状には、以下のようなものがあります。

  • 頻尿
  • 残尿感
  • 排尿痛
  • 尿が濁っている(臭いもきつくなる)

トイレが近くなる膀胱炎ですが、尿の量が増えるわけでないので1回あたりの量は少なく、トイレに行ってもスッキリしません。

このほかにも

  • 血尿(排尿の最後のほうで濃くなる)
  • 排尿時以外に感じる下腹部の不快感
  • 尿漏れ

などの症状がでることもあります。また膀胱炎では普通は熱が出ません。

これらの症状に加えて発熱や腰痛といった症状がでる場合、炎症が腎臓や腎盂まで広がって腎盂腎炎を起こしている可能性があります。

オナニー大好きお姉さん
こういった症状が出たら、必ず病院で診てもらってくださいね。放っておくと症状が悪化するので、オナニーどころではなくなっちゃいますよ。

 

膀胱炎にならないオナニーのやり方、注意点など

 

膀胱炎は抗生物質を飲むことで治せる病気ですが、治るまでは辛いですからならないようにするのが一番です。

オナニーが原因で膀胱炎にならないための注意点などを紹介します!

オナニー前に手を洗う

手が汚れたままオナニーを行えば、当然雑菌が尿道口や膣に入り込みやすくなります。

オナニーではクリトリスしか触らないから大丈夫と思う人もいるかもしれません。しかしクリトリスと膣はすぐ近く。手を清潔にすることは大切です!

ムラムラとしたからそのまますぐオナニーをするのではなく、まずはきちんと手を洗ってからにしましょう。

できれば女性器周辺も洗う

女性器周辺というのは、どうしても雑菌が増えやすい場所です。

トイレで用を足したり、汗をかいたり、オリモノが分泌されたり。毎日きちんとお風呂でキレイに洗っていても、一日生活しているうちに汚れてしまいます。

女性器周辺が汚れたままオナニーすることは、雑菌を膣内に押し込むようなものです。

手をきれいに洗うだけではなく、女性器周辺も洗ってからオナニーを行うのが理想です!

オナニー後はすぐにおしっこを出す

オナニー後の対策として、一番大切なのがトイレに行くことだったりします!

事前にシャワーを浴びて手をきれいに洗ってオナニーをしても、雑菌の侵入をゼロにすることは難しいですよね。

オナニーによって尿道に雑菌が入り込んでしまったなら、それをすぐに排出してしまえば良いんです。

オナニーしたら、なるべくすぐにトイレでおしっこをしてください!

尿と一緒に雑菌が排出されるので、膀胱炎の予防になります。これはセックスのあとにもいえることです。

すでにお話したように、女性の尿道は短く菌が入り込みやすいので、なるべく早くトイレに行ってくださいね。

オナニーのあとにしっかりおしっこを出せるように、日ごろから小まめに水分補給を行っておくと良いですね。

ちなみに日ごろから水分を多めに取り、おしっこをたくさん出すことも膀胱炎の予防になると考えられています。

膀胱に入ってしまった雑菌を洗い流すことが出来るので、膀胱炎のリスクを下げることが出来るという実験結果もあるんですよ。

理想は女性器周辺を洗う

オナニーのあとはティッシュなどで拭き取るだけという人も多いと思います。

自分の愛液が付くだけなら気にならないと、そのまま下着を履いてしまっていませんか?

別に汚くない、拭き取れば気にならないと思うかもしれませんが、実はこれが雑菌の繁殖の原因になることも。嫌な臭いも出やすくなってしまいますよ。

オナニーのあとは、きちんと女性器周辺を洗うのが理想です。

別に石鹸でゴシゴシと洗う必要はありません。

オナニーの前にも石鹸で洗っている場合、何度も洗うことで洗い過ぎになってしまいます。

膣には本来備わっている自浄作用があり、洗い過ぎるとこれが弱まってしまいます。

自浄作用が弱まることで、雑菌が侵入・繁殖しやすい状態になります。きれいにしているつもりが、かえって病気になりやすくしてしまっているわけです。

オナニーのあとは、ぬるま湯でサッと洗い流す程度でも大丈夫ですよ。洗ったあとは、きちんと水分を拭き取ってくださいね。

可能ならオナニーグッズにコンドームを付ける

オナニーにグッズを使っている女性は、グッズの衛生面にも気を付けてください。

不衛生な状態のグッズを使用することは、膀胱炎だけでなくカンジダのような膣炎になってしまう原因となり得ます。

ローターやバイブなどのグッズを使用したあと、きれいに洗うことはもちろん大切。

しっかり洗って水気を拭き取って、きれいに保管する。それが出来ているつもりでも、実は出来ていないことは珍しくありません。

保管場所が不衛生であったり通気性が悪かったりすることでグッズに雑菌が付いたり、そもそもきれいに洗えていなかったり。

グッズ自体の水洗いが出来ないものだったり。理由は色々考えられますが、自分が思っているよりもグッズには雑菌が付いているかもしれません。

汚いかもと思いながらグッズを使うのは嫌ですし、だからといってグッズを使うのを我慢するのも嫌ですよね。

そこで一番簡単なのがコンドームを使うこと。コンドームは1回使い切りなので、衛生的に使うことができます。

コンドームを直前に開けて被せれば、安心してグッズを使ってオナニーすることが出来ますよね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

膀胱炎は誰でもかかる可能性がある病気です。しかし意識するだけで、そのリスクを避けることは出来るのです!

オナニーを行うときには衛生面に気を付けることを覚えておいてくださいね。

もしも膀胱炎にかかってしまった場合、きちんと完治させないと繰り返してしまう可能性があります。

すぐに病院で診てもらいましょう。膀胱炎は抗生剤の服薬で治せる病気です。辛い症状を我慢せず、ちゃんと治療を行いましょう。

オナニーだけじゃなく、日ごろからトイレを我慢しない、女性器を清潔に保つといったことに気を付けてくださいね!

 

↓クリックお願い♪オナが捗るわ♡

 

-女性オナニー
-

Copyright© ひとりエッチのすすめ , 2018 All Rights Reserved.