セックス

エッチのときに濡れない…原因と解消法!乗り切る3つの方法はこれ

投稿日:

 

なかなか人には相談出来ないけれど、セックスのときに濡れにくいといった悩みを抱えている女性は少なくないと思います。

エッチな気分になっても濡れないからセックスが上手くいかない、そんな悩みの原因はどこにあるのでしょうか?

今回はエッチのときに濡れない原因と解消法について考えてみましょう!

 

エッチのとき濡れない原因は大きく分けると2つある

 

エッチをするときに濡れない原因として、様々な要因が考えられますが、大きく分けると2つのことが考えられます!

まずは生活習慣やホルモンバランスなどの乱れ。もうひとつは彼とのエッチがマンネリ化して興奮しないことです。

1つずつ詳しく解説していきますね!

生活習慣やホルモンの乱れ

女性の性的興奮には、女性ホルモンのバランスが影響しているといわれています。

生理が近くなってくるとムラムラすることってありませんか?女性の身体は妊娠しやすくなるように、排卵に合わせて性的興奮が高まるといわれています。

そこに大きく関係してくるのが女性ホルモンのエストロゲン。

しかし女性の身体はデリケートですから、生活習慣の乱れやストレスなどが原因で女性ホルモンのバランスは乱れやすいんです。

また更年期や出産の影響でエストロゲンが減少することもあります。

濡れるためには性的な興奮が必要ですから、生活習慣や女性ホルモンのバランスが乱れると濡れにくくなってしまうと考えられます!

エッチのマンネリ化

大好きな彼とのセックスであっても、同じようなセックスばかりでは段々とマンネリ化してきますよね。

相手のテクニックがイマイチでマンネリ化してしまうこともあるかもしれません。

マンネリ化してしまっては、そもそもエッチを楽しめないですよね。

そんな状態では性的興奮が得られにくく、その結果濡れにくくなってしまうというわけです。

 

エッチのとき濡れない原因となりやすい生活習慣

 

どのような生活習慣が濡れない原因となってしまうのかを考えてみましょう!

生活リズムが不規則

不規則な生活によって十分な睡眠が確保できていないと、性欲減退してしまうことがあります。

睡眠欲は人間が生きていくうえで必要な3大欲求のひとつです。

睡眠不足の状態では「セックスするよりも寝たい!」となってしまい、エッチな気分になれずに濡れない可能性があります。性欲より睡眠欲が勝ってしまうんですね。

空腹状態が多い

空腹状態も、性的興奮が得られにくくなるひとつの要因になります。人間の3大欲求のひとつが食欲です。

食べるということは生きていくうえで欠かせないことですよね。人間の脳が優先するのは、性欲よりも食欲です!

そのため空腹状態が多いと性欲は後回しとなってしまうと考えられています。

性欲が抑えられてしまうので、濡れにくくなってしまうというわけですね。

さらに過度なダイエットによって生理が止まることがあるように、空腹状態が多いとホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます!それによって性欲がわかなくなっている可能性も考えられます。

疲労やストレスが溜まりがち

疲労やストレスは、身体に様々な悪影響を及ぼしてしまいますよね。女性ホルモンのバランスにも影響するんですよ。

セックスでストレス解消する女性も少なくはありませんが、疲労やストレスのせいでセックスする気分になれない、セックスどころではなくなってしまうこともあります。

セックスの最中にストレスの影響で気が散ってしまい、濡れてこないということもあり得ます!

水分不足

水分不足は健康維持のためにも欠かせないことですが、ホルモンバランスにも影響するのはご存知でしょうか。

水分不足は身体をめぐる血流を悪くする要因になり得ます。血液は栄養を運ぶ役割があり、血流が悪いと身体の隅々まで栄養が行き渡らなくなってしまいます。

女性ホルモンも血液によって運ばれているため、血流が悪くなることでホルモンバランスが乱れやすくなると考えられています!

また体の水分量が不足している状態では、愛液の分泌に使われる水分が足りなくなってしまうとも考えられます。

生活習慣の乱れで濡れにくくなる!

このように生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩してしまいやすく、それ以外の要因からも性欲を減少してしまい濡れにくくなる原因となると考えられています!

しかし生活習慣の乱れ以上に、次に挙げる要因のほうが濡れない原因になっているかもしれません!

 

エッチのとき濡れない原因は「興奮度」にある

 

濡れるために欠かせないのは性的な「興奮度」です!

女性はエッチな気持ちになっているときほど、性感帯が敏感になり濡れやすい状態になります!

性的な興奮が低い状態でアソコを弄っても、濡れてこないし気持ち良くもなりにくいんです。

オナニーにしてもセックスにしても、まずは気持ちから盛り上げていくことが大事です!

つまり興奮度が低いことが、エッチのときに濡れない大きな原因。

それでは興奮度が得られない原因はどこにあるのでしょうか?

彼とのエッチがマンネリ、、

やはりエッチがマンネリ化してくると、最初の頃のようなトキメキや興奮を感じなくなってしまいます

いつも同じようなセックスをしていると先の展開が想像できてしまいますし、それでは最初の頃よりも興奮しなくなってしまうのも仕方が無いですよね?

前戯がない、短い

しっかり濡らすためには、エッチな気分を盛り上げること。そのためにも大切になってくるのが丁寧な前戯です!

前戯をきちんとすることでエッチな気分が盛り上がりますよね。

それに前戯が不十分な状態で挿入されても、痛みが生じる可能性が高くなってしまいます

濡れていない、慣らされていない状態で無理やり挿入することで、痛みを感じてさらにエッチな気分が削がれてしまうこともありますよね。

エッチしたくない気分のとき

そもそもエッチをしたい気分ではない場合。そんな状態で無理やりエッチをしても、やっぱりそういう気分にはなれない可能性が高いです!段々と気持ちが盛り上がってくれば良いんですけどね。

大好きな彼とのセックスだとしても、疲れやホルモンバランスの影響、ストレスなど色々なことが原因でエッチな気分になれないことはおかしいことではありません。

そんなときにエッチしても楽しめず、濡れにくい原因になってしまうんですね。

そういったことばかり続くと、エッチに対してネガティブなイメージが残ってしまい、それが次回以降にも影響してしまうかもしれません。

エッチ中に別のことを考えている

エッチの最中、気がそれて別のことを考えてしまうのも濡れにくくする原因のひとつ!

エッチ以外のことを考えていたら興奮しにくく、濡れにくくなってしまいます。性的興奮をしながら楽しんででエッチをすることが、濡れるためには必要です!

集中出来ずほかのことを考えてしまう理由としては、セックスに対する羞恥心や罪悪感がある、相手のテクニックがイマイチ、ストレスが溜まっているなど、色々な要因が考えられますね。

興奮がない……そんなときの対策は?

このようにエッチに対しての「興奮がない」ことは、エッチをしても燃え上がることがなく、濡れにくくなる原因として考えられます!

それではエッチのときに濡れにくい場合、それを解消することは出来ないのでしょうか?

エッチのときに濡れないときの対策については、これから紹介していきますよ!

 

エッチのとき濡れない…を解消する方法!

 

水分を意識的に多めにとる

水分不足が原因で濡れにくくなるのであれば、きちんと水分補給をすることが濡れるためには必要であるといえますよね?

水分摂取って、しっかりしているつもりでも足りていないことが珍しくありません。なにせ1日に必要な水分摂取量は2.5リットルともいわれているんです。

食べ物からも水分を摂っているため、飲料水ですべて補う必要はありませんが、それでも1日1リットルほどは必要とされています!

水分を摂ることでホルモンバランスの乱れの予防に繋がります。

さらに水分補給をきちんとすることで体内の水分代謝が良くなり、愛液が分泌されやすい状態になると考えられます!

セックスの直前に水分を摂ることも大事なのですが、それだけではなく日頃から意識的に水分補給をしてみてください。

食欲はしっかりと満たすこと

食欲が満たされないと、人間の本能として性欲<食欲となってしまいます!

ダイエットで食事制限をしたり、忙しいからと食事を疎かにしたりせず、3食きちんと食事をするようにしましょう!

またコンビニ弁当やインスタント食品ばかりでは、食事をしていてもきちんと満たされない可能性があります!美味しく食事をして、食欲を満たしてあげましょう!

エッチをする環境、ムード作り

 

そしてなにより、気持ちを盛り上げることが大切です。そのためエッチする環境を整え、ムード作りを意識してみるのも良いでしょう!

まずは照明から。明るい部屋でするほうが興奮するという人もいますが、一般的には少し暗めのほうが良いムードを作りやすいです。

真っ暗だとかえって警戒心が生まれてしまう可能性があります。柔らかい雰囲気の間接照明なんかが良いですね。

照明を整えるだけでも良いですが、さらに香りを利用するのもおすすめ。嗅覚って精神的なところに結構影響しますからね。

催淫効果があるアロマとしては、イランイランが有名です。リラックス効果や女性ホルモンのバランスを整える効果があるといわれているものです。

ほかにもジャスミンやクラリセージ、ネロリやパチュリーなどのアロマもエッチのときに人気があります。

照明で視覚から、アロマで嗅覚を。そうくれば最後は聴覚です。静かな音楽が流れていると、リラックス出来ませんか?

リラックスタイムの前に最初からBGNをかけておくのが良いと思います。ちなみにセックスのときのBGMとして人気が高いのは洋楽です。

日本語の曲だと余計な言葉が入ってきて集中出来なくなってしまいますからね。インストゥルメンタルの曲も良いですね。

音楽が流れているとかえって集中出来ない場合もあるようですが、スマートフォンがあれば簡単に音楽再生出来ますし、試してみる価値はあるでしょう!

 

お助けアイテムを使いいつもと違いエッチを望む

 

それでも濡れない、そんなときはお助けアイテムを取り入れてみるのはどうでしょうか?

ローション

濡れないのであれば、濡らしてあげれば良いのです!

ローションを使えば挿入をスムーズにしてくれるので、濡れにくくてもセックスを楽しむことが出来るはず!

それにローションの質感は、自分の愛液によるものとは別物。ローションならではの独特のヌルヌル感によって、エッチな気分を盛り上げる効果も期待出来ます!

おもちゃ

セックスがマンネリ化しているなら、バイブローターなどのおもちゃを取り入れてみてはどうでしょうか?

おもちゃを使うことで普通のセックスとは違う刺激が楽しめて、いつもより興奮してしまう女性も多いんですよ!

 

媚薬

媚薬には性的興奮を高める作用や、性感帯の感度を上げる作用があるといわれています!まさに濡れにくいときにぴったりのアイテムといえるでしょう。

主に飲むタイプと塗るタイプの媚薬があります。

飲むタイプの効果としては、性欲促進の働き。マカやすっぽんなどの成分が配合されていることが多いので、疲れていてエッチな気分にならないときにも良いですね。

塗るタイプの媚薬は、クリトリスやアソコなどに直接塗って使用するものです。塗った場所の血行を良くして感度を上げるなどの効果が期待出来ます!

乾いたクリトリスを刺激すると痛いですが、塗るタイプの媚薬はローションタイプやクリームタイプとなっているので安心です!

媚薬というと怪しげな雰囲気で抵抗があるかもしれません。

しかし創作物に出てくる惚れ薬のような効果や、飲むだけで欲情しっぱなしイキっぱなしというような、そんな媚薬は市販されていません!

身体に害のない植物由来の成分や動物性由来の成分などから作られています。

先ほど挙げたマカやすっぱんは、古くから滋養強壮作用があり性欲増進にも役立つものとして有名ですよね。

ただし媚薬として販売されるものの中には、配合成分の分からないものや効果のない粗悪品があるのも事実。

購入するときには、きちんと安心して使用できるものかを調べて、メーカー公式の販売店から購入することをおすすめします!

女性に選ばれている媚薬のおすすめこちら♡

【2019年】女性用媚薬人気ランキング!不感症・マンネリ・セックスレスにおすすめ!

  セックスやオナニーをするときに、女性用媚薬を使ったことはありますか? 女性用媚薬はセックスレスやマンネリ化 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

濡れにくいことは誰にでもあるので、自分を責める必要はまったくありません!

気にし過ぎるとかえって緊張してしまい逆効果ですから、まずはゆっくりと深呼吸してリラックスしてみましょう!

日頃の生活習慣の乱れも影響してくるので、これを機に生活習慣を見直してみてくださいね。心身ともに元気な状態が、セックスのためにも一番ですよ!

 

↓クリックお願い♪オナが捗るわ♡

 

-セックス
-,

Copyright© ひとりエッチのすすめ , 2019 All Rights Reserved.